【メイS】東京巧者ダイワキャグニーが久々の勝利!

 18日、東京競馬場で行われた11R・メイステークス(4歳上オープン・ハンデ・芝1800m)で2番人気、内田博幸騎乗、ダイワキャグニー(牡5・美浦・菊沢隆徳)が快勝した。2馬身差の2着にカラビナ(牡6・栗東・藤岡健一)、3着にショウナンバッハ(牡8・美浦・上原博之)が入った。勝ちタイムは1:45.8(良)。

 1番人気でB.アヴドゥラ騎乗、レイエンダ(牡4・美浦・藤沢和雄)は、9着敗退。

【平安S】チュウワウィザードが大接戦を制する!

全6勝は東京コース

 ダイワキャグニーが昨年のメイステークス以来、久々の勝利で東京コース6勝目を飾った。スタートから好位にスッととりつけてリズム良くレースの流れに乗ると、直線半ばで先頭に立ちそのまま押し切った。同馬はこのレースで全6勝を東京コースで飾り、コース巧者らしい走りを見せた。1番人気のレイエンダは直線伸び切れず9着敗退。

ダイワキャグニー 17戦6勝
(牡5・美浦・菊沢隆徳)
父:キングカメハメハ
母:トリプレックス
母父:サンデーサイレンス
馬主:大城敬三
生産者:社台ファーム