【メルボルンT】圧倒的人気プランドラーがV!不利を跳ね返して差し切り

 18日、京都競馬場で行われた9R・メルボルントロフィー(3歳500万下・芝2400m)で1番人気、川田将雅騎乗、プランドラー(牡3・栗東・池江泰寿)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にタニノドラマ(牡3・栗東・松田国英)、3着にダンスディライト(牡3・栗東・松永幹夫)が入った。勝ちタイムは2:25.7(良)。

 2番人気で松山弘平騎乗、ルタンブル(牝3・栗東・寺島良)は、4着敗退。

土曜東京9R・カーネーションCは10番人気の伏兵・ランペドゥーザが制す

ディープインパクト産駒 プランドラー

 良血馬プランドラーが直線入り口の不利を跳ね返してゴール前見事に差し切った。レースでは5番手付近で流れに乗り、勝負どころでも手応えはやや劣勢で直線へ向くと、直線入り口で前が詰まってブレーキをかける不利。そこから外に切り返して川田騎手の叱咤に応え、差し脚を伸ばしてキッチリと先行各馬を捉えた。

プランドラー 6戦2勝
(牡3・栗東・池江泰寿)
父:ディープインパクト
母:プラウドスペル
母父:Proud Citizen
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム