牧場就業促進イベントが東京競馬場で開催

 牧場就業促進事務局は、6月1日(土)・2日(日)の2日間、競走馬の牧場で働くことに興味がある人を対象に、実際に生産牧場や育成牧場で働いている方や馬の生産・育成技術を学べる研修機関の教官、馬産地日高の静内農業高校の先生等、関係者を多数招いて、個別に話しを伺える交流の場を東京競馬場に設ける。

宝塚記念ファン投票がスタート

 また、広く一般来場者ファンにも興味を持っていただける様、牧場の仕事内容や馬産地の情報を紹介するコーナーも設置される予定。

●日時
6月1日(土)・2日(日)【第3回東京競馬第1日・2日目】
10時00分から15時00分

●場所
東京競馬場
フジビュースタンド1階 イーストホール

●「牧場就業促進事務局」とは
公益社団法人 競走馬育成協会、公益社団法人 日本軽種馬協会、一般社団法人 日本競走馬協会、公益財団法人 軽種馬育成調教センターおよびJRA日本中央競馬会の5団体で構成され、「多くの若者に競走馬の生産育成の現場をつぶさに紹介し、やる気に満ちた若者の牧場への就業促進を目指す」ことを目的に、2008年8月に設立されました。

※JRA発表による