【ヴィクトリアマイル】武豊「このタイムでは…」ソウルスターリングは9着

 あまりにも勝ちタイムが速すぎた。スタートから流れに乗り、4番手付近でスムーズに運んでいるように見えたが、最後は流れ込むようにゴール。直線半ばまでソウルスターリングは踏ん張っていたが、鞍上の武豊騎手も「このタイムでは…」とサバサバとレースを振り返った。

9着 ソウルスターリング
武豊騎手
「馬の雰囲気も道中の感じもよかったが、このタイムでは…復調の兆しはありました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 12日、東京競馬場で行われた11R・ヴィクトリアマイル(G1・4歳上オープン・牝・芝1600m)で5番人気、D.レーン騎乗、ノームコア(牝4・美浦・萩原清)が快勝した。クビ差の2着にプリモシーン(牝4・美浦・木村哲也)、3着にクロコスミア(牝6・栗東・西浦勝一)が入った。勝ちタイムは1:30.5のレコード(良)。

 1番人気で石橋脩騎乗、ラッキーライラック(牝4・栗東・松永幹夫)は4着、 2番人気で横山典弘騎乗、アエロリット(牝5・美浦・菊澤隆徳)は5着敗退。

【ヴィクトリアマイル】プリモシーンは惜しくも2着!福永「本当に悔しい」

<<下に続く>>

D.レーン騎手は連日の重賞制覇

【ヴィクトリアマイル】武豊「このタイムでは…」ソウルスターリングは9着

 神業なのかマジックなのか魔術師なのかどう表現して良いかわからないが、オーストラリア出身の若手ジョッキーD.レーン騎手が大一番でまたしても勝利をモノにした。昨日の京王杯スプリングカップに続く連日の重賞勝利で、来日後早くもG1を制覇。レースでは5番人気のノームコアを馬群の真ん中でじっと我慢させ、横一線となった直線での追い比べでは徐々に外に持ち出していき、いつの間にか抜け出していた。派手なガッツポーズでゴールに飛び込み、大混戦のヴィクトリアマイルを制した。

ノームコア 9戦4勝
(牝4・美浦・萩原清)
父:ハービンジャー
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
馬主:池谷誠一
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ノームコア
2着 プリモシーン
3着 クロコスミア
4着 ラッキーライラック
5着 アエロリット
6着 ミエノサクシード
7着 サウンドキアラ
8着 ミッキーチャーム
9着 ソウルスターリング
10着 レッツゴードンキ
11着 レッドオルガ
12着 デンコウアンジュ
13着 サトノワルキューレ
14着 アマルフィコースト
15着 フロンテアクイーン
16着 ワントゥワン
17着 メイショウオワラ
18着 カンタービレ