【テレ玉杯】ダイワメモリー差し切り!勝ちタイムは1分57秒8

 12日、東京競馬場で行われた8R・テレ玉杯(4歳上1000万下・牝・芝2000m)で3番人気、内田博幸騎乗、ダイワメモリー(牝4・美浦・国枝栄)が快勝した。クビ差の2着に1番人気のリンディーホップ(牝4・美浦・金成貴史)、3着にハイヒール(牝4・栗東・清水久詞)が入った。勝ちタイムは1:57.8(良)。

 2番人気で福永祐一騎乗、アストラサンタン(牝4・美浦・戸田博文)は、8着敗退。

ノヴェリスト×ダイワスカーレット

【テレ玉杯】ダイワメモリー差し切り!勝ちタイムは1分57秒8

 勝ちタイムは1分57秒8とかなり速い時計が飛び出した。逃げ馬が58秒台で行ったことも影響したが、かなりの高速決着を大外からダイワスカーレットの仔、ダイワメモリーが鋭く差し切りで勝利。相変わらず東京芝は時計が速い。

ダイワメモリー 11戦3勝
(牝4・美浦・国枝栄)
父:ノヴェリスト
母:ダイワスカーレット
母父:アグネスタキオン
馬主:大城敬三
生産者:社台ファーム