【京都6R】圧倒的人気クロウエアがデビュー2連勝

 12日、京都競馬場で行われた6R・3歳500万下(牝・芝1600m)で1番人気、藤岡康太騎乗、クロウエア(牝3・栗東・羽月友彦)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にアルティマリガーレ(牝3・栗東・佐々木晶三)、3着にマイエンフェルト(牝3・栗東・池添学)が入った。勝ちタイムは1:33.7(良)。

 2番人気で和田竜二騎乗、ミッキーバディーラ(牝3・栗東・音無秀孝)は、4着敗退。

【東京7R】ヴィクトリアマイルと同距離7Rはアバルラータが差し切り

<<下に続く>>

トーセンホマレボシ産駒 クロウエア

 クロウエアが力の違いで楽々差し切りを決めて、デビュー2連勝を飾った。スタートは後手を踏んで後方を進んだが、勝負どころから外を回って楽な手応えで進出。直線では瞬く間に先行各馬をかわしていきラストは流す余裕だった。このメンバーでは力が違い上のクラスでもやれる走りを見せた。

クロウエア 2戦2勝
(牝3・栗東・羽月友彦)
父:トーセンホマレボシ
母:ピンクアリエス
母父:キングカメハメハ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム