【ヴィクトリアマイル】枠順と見どころ プリモシーンは5枠9番

プリモシーン(2018フェアリーS)

 5月12日(日)東京競馬場で行われる、ヴィクトリアマイル(G1・4歳上オープン・牝・芝1600m)の枠順は下記の通り。

 大混戦模様のヴィクトリアマイル。どれが1番人気になるのか予想がつかない。どの馬もこれといった決め手に欠ける中で、川田将雅騎乗のミッキーチャームに注目したい。アーモンドアイの秋華賞2着、前走初の芝1600mで快勝し重賞初制覇と勢いは十分。初の府中、東京への輸送さえクリアすれば上位争いは可能だ。

 左回り1600mベストのプリモシーンは、中間の動きが絶好。鞍上の福永騎手も「めちゃくちゃいい動き」と絶賛。昨年のNHKマイルで5着、関屋記念では古馬を撃破と左回りのマイル戦なら力は上だ。

 前走の阪神牝馬ステークスでは全くスムーズではなかったラッキーライラック、武豊騎乗で魅力的なソウルスターリング、このコースでG1実績のあるアエロリットなどタレントは豊富。そして前走で久々の勝利を飾った2年前の連対馬、デンコウアンジュは不気味だ。さらにBコース替わりで逃げ馬もマークしておきたい。注目の発走は15時40分。

【ヴィクトリアマイル】ソウルスターリング 武豊「さすがですね」

<<下に続く>>

武豊ソウルスターリングは8枠16番

1-1
アマルフィコースト
牝4・55.0・坂井瑠星
牧田和弥

1-2
レッドオルガ
牝5・55.0・北村友一
藤原英昭

2-3
クロコスミア
牝6・55.0・戸崎圭太
西浦勝一

2-4
ノームコア
牝4・55.0・D.レーン
萩原清

3-5
メイショウオワラ
牝5・55.0・秋山真一郎
岡田稲男

3-6
ラッキーライラック
牝4・55.0・石橋脩
松永幹夫

4-7
ミッキーチャーム
牝4・55.0・川田将雅
中内田充正

4-8
デンコウアンジュ
牝6・55.0・柴田善臣
荒川義之

5-9
プリモシーン
牝4・55.0・福永祐一
木村哲也

5-10
ミエノサクシード
牝6・55.0・川島信二
高橋亮

6-11
アエロリット
牝5・55.0・横山典弘
菊沢隆徳

6-12
ワントゥワン
牝6・55.0・中谷雄太
藤岡健一

7-13
サトノワルキューレ
牝4・55.0・内田博幸
角居勝彦

7-14
レッツゴードンキ
牝7・55.0・岩田康誠
梅田智之

7-15
カンタービレ
牝4・55.0・M.デムーロ
角居勝彦

8-16
ソウルスターリング
牝5・55.0・武豊
藤沢和雄

8-17
サウンドキアラ
牝4・55.0・田辺裕信
安達昭夫

8-18
フロンテアクイーン
牝6・55.0・三浦皇成
国枝栄