【立夏S】ルメールが混戦に断!マジカルスペルが混戦から抜け出す

 4日、東京競馬場で行われた9R・立夏ステークス(4歳上1600万下・ダ1600m)で2番人気、C.ルメール騎乗、マジカルスペル(牡5・栗東・藤原英昭)が快勝した。1/2馬身差の2着にスウィングビート(牡4・美浦・加藤征弘)、3着に1番人気のシヴァージ(牡4・栗東・野中賢二)が入った。勝ちタイムは1:35.9(良)。

【東京8R】上がり32.5!オールザゴーが豪脚発揮

【立夏S】ルメールが混戦に断!マジカルスペルが混戦から抜け出す
【立夏S】ルメールが混戦に断!マジカルスペルが混戦から抜け出す

マジカルスペルは立夏ステークス連覇

 ゴール後、ルメールが小さくガッツポーズを決めた。マジカルスペルは五分のスタートからスムーズに先行、3番手の外目でレースの流れに乗った。そのままの隊列で直線に向くと、団子状態の追い比べが続き、ルメールの激しい叱咤に応えたマジカルスペルがゴール前で抜け出した。午前中から晴れていた東京競馬場は、徐々に雲行きが怪しくなっていき、このレースが始まる頃には雷がなっていた。

 このレースの後、東京競馬場に激しい雹が降り注ぎ、開催が中止となっている。

マジカルスペル 12戦5勝
(牡5・栗東・藤原英昭)
父:Creative Cause
母:プラウドスペル
母父:Proud Citizen
馬主:吉田勝己
生産者:ノーザンファーム