【端午S】ヴァニラアイスが3勝目を飾る

 28日、京都競馬場で行われた10R・端午ステークス(3歳オープン・ダ1400m)で7番人気、幸英明騎乗、ヴァニラアイス(牝3・栗東・高柳大輔)が快勝した。クビ差の2着にケイアイターコイズ(牡3・栗東・山内研二)、3着にモンペルデュ(牝3・栗東・松永幹夫)が入った。勝ちタイムは1:24.1(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、ボストンテソーロ(牝3・美浦・田中博康)は6着、2番人気で北村友一騎乗、レッドルゼル(牡3・栗東・安田隆行)は7着敗退。

<<下に続く>>

キンシャサノキセキ産駒 ヴァニラアイス

 最内枠から好ダッシュを見せたヴァニラアイスは内枠を利して3、4番手の最内でジッと脚を溜めた。終始ロスなくレースを進めると、直線入り口で僅かに外に持ち出し、あとは前を追いかけるだけという省エネ競馬でゴール前抜け出した。初勝利は芝レースだったが、ダートに切り替えてからは馬券圏内の安定した走りを見せている。

ヴァニラアイス 7戦3勝
(牝3・栗東・高柳大輔)
父:キンシャサノキセキ
母:アジタート
母父:タイキシャトル
馬主:ヒダカファーム
生産者:ヒダカファーム