【秩父特別】トラストケンシンが直線一気の末脚でごぼう抜き

27日、東京競馬場で行われた9R・秩父特別(4歳上1000万下・芝1600m)で5番人気、三浦皇成騎乗、トラストケンシン(牡4・美浦・高橋文雅)が快勝した。アタマ差の2着にビーカーリー(牝5・栗東・西村真幸)、3着に1番人気のフォックスクリーク(牡4・栗東・中内田充正)が入った。勝ちタイムは1:33.5(稍重)。

2番人気でC.ルメール騎乗、アルトリウス(せん5・美浦・藤沢和雄)は、11着敗退。

平成最後の天皇賞・春は13頭立て

<<下に続く>>

三浦皇成はこのレースで本日の3勝目

【秩父特別】トラストケンシンが直線一気の末脚でごぼう抜き

好調の三浦皇成騎乗、トラストケンシンが道中最後方から直線一気の末脚を発揮して見事に差し切り勝ちを決めた。三浦騎手は今期美浦のリーディング争いで勝ち星を伸ばし絶好調。このレースでは同馬を大外に導きゴール寸前計ったようにアタマ差差し切った。

トラストケンシン 14戦3勝
(牡4・美浦・高橋文雅)
父:ハーツクライ
母:アフェランドラ
母父:エルコンドルパサー
馬主:菅波立知子
生産者:村上欽哉

【秩父特別】トラストケンシンが直線一気の末脚でごぼう抜き
3着に敗れた1番人気のフォックスクリーク