「2019 JRAブリーズアップセール」好調!最高落札額はキズナ産駒

キズナ

4月23日(火)に中山競馬場にて開催された「2019 JRAブリーズアップセール」の結果については下記のとおり。

上場頭数:
69頭(平成30年68頭 / 平成29年69頭)

売却頭数:
牡32頭 牝37頭
(平成30年 牡30頭 牝38頭 / 平成29年 牡38頭 牝31頭)

「2019 JRAブリーズアップセール」好調!最高落札額はキズナ産駒
2019 JRAブリーズアップセール結果

総売却価格(税込):
9億1,260万円
(平成30年 6億4,314万円 / 平成29年 6億7,835万円)

最高売却価格(税込):
牡5,400万円(ニシノミラクルの17)
牝3,672万円(チョウカイクリスの17)
(平成30年 牡3,294万円 牝2,916万円)
(平成29年 牡4,212万円 牝2,322万円)

平均売却価格(税込):
牡1,527.5万円 牝1,145.4万円
(平成30年 牡965.9万 牝929.9万円)
(平成29年 牡1,135.7万円 牝796.1万円)

馬事部担当理事 横田貞夫のコメント:
「お陰様をもちまして、15回目となるJRAブリーズアップセールを盛況のうちに終えることができました。本年も多くの購買者の皆様にご参加いただき、JRA育成馬に対し高い評価をいただきましたことにつきまして、心より御礼申し上げます。本セールは開始当初より、積極的な情報開示に一貫して取り組み、わかりやすく安心して参加できるセール運営を目指してまいりました。この点を皆様にご評価いただいた結果が、好成績につながったものと考えております。今後も馬主の皆様が参加しやすい透明性の高いセールの運営に取り組んで参ります。最後になりますが、本日ご購買された競走馬たちが順調に成長し、6月から始まる新馬戦をはじめ、中央競馬の舞台で活躍してくれることを祈念しております」

※JRA発表による

2019ヤングジョッキーズシリーズ 菜七子は盛岡 浦和 川崎で騎乗