【アーリントンC】浜中「前走は控えてあまりいい競馬が…」イベリスが逃げ切る

(C)スポニチ

13日、阪神競馬場で行われたG3・アーリントンカップはロードカナロア産駒のイベリスが逃げ切りを決めた。前走のフィリーズレビューでは差のない4着と好走しており、人気は定評価だったが、結果このメンバーでは力上位だった。

アーリントンC、勝利ジョッキーコメント
1着 イベリス
浜中俊騎手
「いいペースで行けて最後までよく頑張ってくれました。厩舎側からもかなり具合はいいということは聞いていました。前走は控えてあまりいい競馬ができなかったので、持ち味としては行ききった方がいいんじゃないかなということで、今日はその戦法をとったんですけど、上手くいってよかったです。(東京マイルの見通しは?)気分よく道中運べれば、今日も同じ距離こなしてくれたので、楽しみはあると思います。(1年9ヶ月ぶりの重賞制覇で)だいぶ間が空いたんですけど、ひとつひとつ一生懸命乗ってもっと沢山勝てるように頑張っていきたいと思っています」

レース結果詳細は下記のとおり。

13日、阪神競馬場で行われた11R・アーリントンカップ(G3・3歳オープン・芝1600m)で12番人気、浜中俊騎乗、イベリス(牝3・栗東・角田晃一)が快勝した。クビ差の2着にカテドラル(牡3・栗東・池添学)、3着にトオヤリトセイト(牡3・栗東・松下武士)が入った。勝ちタイムは1:34.2(良)。

1番人気でC.ルメール騎乗、フォッサマグナ(牡3・美浦・藤沢和雄)は16着、2番人気で北村友一騎乗、ヴァルディゼール(牡3・栗東・渡辺薫彦)は8着敗退。

【クイーンエリザベスS】クルーガー大健闘の2着!ウィンクスが33連勝でラストラン飾る

<<下に続く>>

ロードカナロア産駒 イベリス

12番人気のイベリスがゴール前までしぶとい走りを見せて逃げ切り勝ちを決めた。前走はフィリーズレビューを4着と、人気ほど実力差はなく力を出し切った。2着に7番人気のカテドラル、3着に11番人気のトオヤリトセイトが入り、3連単136万円と波乱の決着となった。1番人気のフォッサマグナは終始かかり気味で直線でも精彩を欠く走りだった。

イベリス 6戦3勝
(牝3・栗東・角田晃一)
父:ロードカナロア
母:セレブラール
母父:ボストンハーバー
馬主:前田幸治
生産者:土居牧場

【全着順】
1着 イベリス
2着 カテドラル
3着 トオヤリトセイト
4着 ニシノカツナリ
5着 ユニコーンライオン
6着 ミッキーブリランテ
7着 ロードグラディオ
8着 ヴァルディゼール
9着 ヴァンドギャルド
10着 ミッキースピリット
11着 ヤマニンマヒア
12着 サンノゼテソーロ
13着 ジャミールフエルテ
14着 アズマヘリテージ
15着 オーパキャマラード
16着 フォッサマグナ
17着 ジゴロ
18着 ラブミーファイン