【桜花賞】武豊「時計が…」レース後 ジョッキーコメント

7日、阪神競馬場で行われた牝馬クラシック第一弾、G1・桜花賞は朝日杯フューチュリティステークス以来の出走となったグランアレグリアがスピードの違いを見せて押し切った。1番人気に支持されたダノンファンタジーはゴール前で失速、4着までとなった。2着にはチューリップ賞2着のシゲルピンクダイヤ、3着に後方でややゴチャついた競馬からなんとか押し上げたクロノジェネシスが入った。

桜花賞ジョッキーコメント
1着 グランアレグリア
Cルメール騎手
「桜花賞を勝てて凄く嬉しいです。平成最後の桜花賞でした。クラシックは特別なレースで凄く嬉しいです。朝日杯からこの馬を勉強しました。前回は速い脚を使えず、今日は早めに外から競りかけて行きました。長い脚でゴールまで頑張ってくれました。馬が心身共に充実していたので最後まで頑張ってくれました」

2着 シゲルピンクダイヤ
和田竜二騎手
「スタートで躓いてしまった。道中は1頭リラックスして走れてタメも利きました。内がポッカリ空いて、良く頑張ってくれました」

3着 クロノジェネシス
北村友一騎手
「3コーナー手前で寄せられてリズムが悪くなったのが痛かったです」

4着 ダノンファンタジー
川田将雅騎手
「勝ち馬が早く動く形で追いかけざるおえなくなり、最後は苦しくなりました」

札幌競馬場で「2019ワールドオールスタージョッキーズ」を開催!

福永「エンジンがかかるのに時間が…」

5着 ビーチサンバ
福永祐一騎手
「エンジンがかかるのに時間がかかり、スッと反応が出来ませんでした。長くいい脚は使ってくれました」

6着 プールヴィル
秋山真一郎騎手
「これしかないという競馬は出来ましたが、勝ち馬に早めに来られて苦しくなりました」

7着 エールヴォア
松山弘平騎手
「スタートで後肢を滑らせてしまい、思ったポジションで運べませんでした」

9着 シェーングランツ
武豊騎手
「思っていたレースは出来ましたが、時計が速すぎて溜まるところが無かったです」

13着 アクアミラビリス
Mデムーロ騎手
「良い位置で折り合いもつきましたが伸びませんでした」

レース結果、詳細は下記のとおり。

7日、阪神競馬場で行われた11R・桜花賞(G1・3歳オープン・牝・芝1600m)で2番人気、C.ルメール騎乗、グランアレグリア(牝3・美浦・藤沢和雄)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にシゲルピンクダイヤ(牝3・栗東・渡辺薫彦)、3着にクロノジェネシス(牝3・栗東・斉藤崇史)が入った。勝ちタイムは1:32.7(良)。

1番人気で川田将雅騎乗、ダノンファンタジー(牝3・栗東・中内田充正)は、4着敗退。

ディープインパクト×タピッツフライ

桜花賞レコードで規格外のスピードを完全に見せつけた。4コーナーから早め先頭で他馬の出番は全くなし。1頭ものが違った。4コーナー手前からスピードに乗せて一気に先頭に立つとトップスピードを持続してそのまま押し切ってゴールした。早めに食らいついて行ったダノンファンタジーは4着に沈み、完全に力の違いを見せつけた格好となった。

グランアレグリア 4戦3勝
(牝3・美浦・藤沢和雄)
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 グランアレグリア
2着 シゲルピンクダイヤ
3着 クロノジェネシス
4着 ダノンファンタジー
5着 ビーチサンバ
6着 プールヴィル
7着 エールヴォア
8着 ジュランビル
9着 シェーングランツ
10着 アウィルアウェイ
11着 ノーワン
12着 メイショウケイメイ
13着 アクアミラビリス
14着 レッドアステル
15着 フィリアプーラ
16着 ホウオウカトリーヌ
17着 ノーブルスコア
18着 ルガールカルム

※主催者発表のものと照らし合わせください