【大阪杯】アルアインが大混戦のゴール前を制する

(C)スポニチ

31日、阪神競馬場で行われた11R・大阪杯(G1・4歳上オープン・芝2000m)で9番人気、北村友一騎乗、アルアイン(牡5・栗東・池江泰寿)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のキセキ(牡5・栗東・角居勝彦)、3着にワグネリアン(牡4・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイム2:01.0(良)。

1番人気で池添謙一騎乗、ブラストワンピース(牡4・美浦・大竹正博)は、6着敗退。

【ドバイゴールデンシャヒーン】武豊「アメリカ挑戦したい」マテラスカイ2着

<<下に続く>>

皐月賞以来のG1制覇

アルアインは前半1000mを61.3とゆったりとした流れを好位の4番手のイン、絶好のポジションでレースを進めて混戦から抜け出した。各馬折り合いも良く、隊列に動きがないまま勝負どころをむかえると、アルアインはポッカリ開いたインから抜け出しを図った。ゴール前は内からワグネリアン、外からキセキ、その間から力強く抜け出して嬉しいG1制覇のゴールへ飛び込んだ。

アルアイン 16戦5勝
(牡5・栗東・池江泰寿)
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 アルアイン
2着 キセキ
3着 ワグネリアン
4着 マカヒキ
5着 エアウィンザー
6着 ブラストワンピース
7着 スティッフェリオ
8着 ムイトオブリガード
9着 ダンビュライト
10着 エポカドーロ
11着 ペルシアンナイト
12着 サングレーザー
13着 ステイフーリッシュ
14着 ステルヴィオ

※主催者発表のものと照らし合わせください