【マーチS】田辺「フワッとしていました」レース後 ジョッキーコメント

(C)スポニチ

24日、中山競馬場で行われたG3・マーチステークスは7番人気のサトノティターンが快勝。中団馬群の真ん中でレースを進めると3コーナー過ぎから大外を通って進出。ラスト1ハロンから一気の差し切りを決めて、重賞初挑戦で初制覇となった。人気馬総崩れで3連単124万620円と波乱の決着となった。

1着 サトノティターン
石橋脩騎手
「力があるのは分かっていました。気性面に難しさがあったのですが、ここにきて良くなってきて、今回は力を出せましたね。(世話になっている)堀厩舎の管理馬で勝ててうれしいです。潜在能力は高いものがありますし、常に能力を発揮できれば、これからも楽しみです」

2着 ロンドンタウン
吉田隼人騎手
「一歩目は出ましたが、あえて他の馬に行ってもらって、ジッとしていました。テンに少し力みましたが、走るうちにいい感じで運べました。久々でこれだけやれるのですから、今後が楽しみです」

3着 リーゼントロック
松岡正海騎手
「思い通りの形でした。早めに動いていって差されるのは仕方がない。惰性をつけていくのが、この馬のスタイルでうから。よく頑張ってくれました」

【高松宮記念】武豊「本来の走りでは…」モズスーパーフレア失速

戸崎圭太「斤量差もあるのかもしれません」

4着 ヒラボクラターシュ
戸崎圭太騎手
「乗りやすい馬でしたよ。スタートを出て好位で運べて、直線もスムーズに道ができました。最後ジリジリとなったのは、斤量差もあるのかもしれません」

5着 サンマルデューク
武士沢友治騎手
「53キロでしたし、展開も向きましたね。中山コースも合っています」

10着 テーオーエナジー
田辺裕信騎手
「掛かるくらいに行くのかもと思っていましたが、フワッとしていましたね。そのまま手応えがなくなってしまいました」

レース結果、詳細は下記のとおり。

24日、中山競馬場で行われた11R・マーチステークス(G3・4歳上オープン・ハンデ・ダ1800m)で8番人気、石橋脩騎乗、サトノティターン(牡6・美浦・堀宣行)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にロンドンタウン(牡6・栗東・牧田和弥)、3着にリーゼントロック(牡8・栗東・矢作芳人)が入った。勝ちタイムは1:52.3(良)。

1番人気で田辺裕信騎乗、テーオーエナジー(牡4・栗東・宮徹)は10着、2番人気で戸崎圭太騎乗、ヒラボクラターシュ(牡4・栗東・大久保龍志)は4着敗退。

サトノティターン 9戦5勝
(牡6・美浦・堀宣行)
父:シンボリクリスエス
母:マチカネチコウヨレ
母父:Deputy Minister
馬主:里見治紀
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 サトノティターン
2着 ロンドンタウン
3着 リーゼントロック
4着 ヒラボクラターシュ
5着 サンマルデューク
6着 ロードゴラッソ
7着 グレンツェント
8着 ジョーダンキング
9着 センチュリオン
10着 テーオーエナジー
11着 アスカノロマン
12着 アルドーレ
13着 ハーベストムーン
14着 エイシンセラード
15着 マイネルオフィール
16着 ハイランドピーク

※主催者発表のものと照らし合わせください