【高松宮記念】スノードラゴン 菜七子「G1ホースという背中」

高松宮記念
スノードラゴン

近走はやや精彩を欠いているものの、かつてはスプリンターズSを勝ち、高松宮記念で2着に食い込んだことのあるスノードラゴン(牡11、高木)。今年は藤田菜七子とのコンビで注目を集めるが、はたしてかつての輝きを取り戻せるか。

【高松宮記念】ナックビーナス 昨年3着の実績

【高松宮記念】スノードラゴン  菜七子「G1ホースという背中」
【高松宮記念】スノードラゴン  菜七子「G1ホースという背中」

藤田菜七子2度目のG1騎乗

2月のフェブラリーS(コパノキッキング=5着)以来、今回が2度目のGⅠ挑戦となる菜七子は「こういう機会を頂いて、オーナー、調教師、厩舎の方々には感謝しています。フェブラリーSでは初めてGⅠレースに乗せて頂いて、すごく勉強になりました。スノードラゴンは私が競馬を見始めた頃から走っている大ベテランですし、GⅠも勝っていますから、今回は馬にも色々教えてもらいたいと思います。追い切りでは11歳とは感じさせない、さすがGⅠホースという背中やパワーでした。レースでは自分にできることを精一杯頑張りたいと思います」と意気込みを語った。