【スプリングS】武豊「距離もまったく問題なかった」ファンタジストは惜しい2着

948

重賞2勝で、朝日杯フューチュリティステークス4着のファンタジストは追い込み届かず、惜しい2着に敗れた。後方でじっくり脚を溜めて直線だけ外に持ち出すロスの少ない競馬だったが、短い距離で発揮していたほどの伸びには気持ち一息な雰囲気も。外から伸びてきてはいたが、捉えるまでには至らなかった。

2着 ファンタジスト
武豊騎手
「うまく折り合いがついたし、やりたいレースは出来ました。距離もまったく問題なかったです。力あるところを見せてくれました。ただ、あそこまで行ったら勝ちたかったですね」

レース結果、詳細は下記のとおり。

17日、中山競馬場で行われた11R・スプリングステークス(G2・3歳オープン・芝1800m)で10番人気、石川裕紀人騎乗、エメラルファイト(牡3・美浦・相沢郁)が快勝した。アタマ差の2着に1番人気のファンタジスト(牡3・栗東・梅田智之)、3着にディキシーナイト(牡3・美浦・国枝栄)が入った。勝ちタイムは1:47.8(良)。

2番人気で川田将雅騎乗、ロジャーバローズ(牡3・栗東・角居勝彦)は、7着敗退。

【阪神大賞典】シャケトラ圧勝!平成最後の天皇賞春へ向け視界良好

<<下に続く>>

石川裕紀人騎手は重賞2勝目

【スプリングS】武豊「距離もまったく問題なかった」ファンタジストは惜しい2着

エメラルファイトが直線、横並びの追い比べから最後ひと伸びし、嬉しい重賞初制覇を飾った。レースでは隊列のちょうど中団付近からレースを進め、直線入り口で先行集団に並びかける積極的なレース振りを見せた。坂を登って各馬横並びの追い比べとなると、外から来た1番人気のファンタジストを抑えて1着でゴール。引き上げてきた検量前では石川騎手が雄叫びをあげて喜びを表現した。

エメラルファイト 6戦3勝
(牡3・美浦・相沢郁)
父:クロフネ
母:セトウチソーラー
母父:スペシャルウィーク
馬主:高橋勉
生産者:金成吉田牧場

【全着順】
1着 エメラルファイト
2着 ファンタジスト
3着 ディキシーナイト
4着 タガノディアマンテ
5着 ヒシイグアス
6着 クリノガウディー
7着 ロジャーバローズ
8着 シークレットラン
9着 ゲバラ
10着 ニシノカツナリ
11着 ユニコーンライオン
12着 フィデリオグリーン
13着 リーガルメイン
14着 コスモカレンドゥラ
15着 リバーシブルレーン
16着 カラテ

※主催者発表のものと照らし合わせください