【千葉S】初ダートも関係なし!シュウジが力の違いで勝利

17日、中山競馬場で行われた10R・千葉ステークス(4歳上オープン・ハンデ・ダ1200m)で4番人気、三浦皇成騎乗、シュウジ(牡6・栗東・須貝尚介)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にウインオスカー(牡6・栗東・飯田雄三)、3着にブルミラコロ(牡7・栗東・大久保龍志・担当装蹄師/西内荘)が入った。勝ちタイムは1:10.3(良)。

1番人気で木幡巧也騎乗、クイーンズテソーロ(牝4・美浦・畠山吉宏)は8着、2番人気で松山弘平騎乗、タテヤマ(牡5・栗東・渡辺薫彦)は4着敗退。

【幕張S】三浦皇成が好調!6番人気ショウナンライズを勝利に導く

<<下に続く>>

デビューから25戦目で初ダート挑戦

【千葉S】初ダートも関係なし!シュウジが力の違いで勝利

シュウジがデビューから25戦目で初ダート挑戦も、見事に一発解答で応えた。スタートから楽に番手につけると、ダートに戸惑うことなく追走し、直線でも後続を突き放す完勝劇。ダートオープン競走で歴戦のダート馬相手にしながらも、まったく寄せつけなかった。

シュウジ 25戦5勝
(牡6・栗東・須貝尚介)
父:キンシャサノキセキ
母:カストリア
母父:Kingmambo
馬主:安原浩司
生産者:浜本牧場