新人小林凌大騎手が騎乗停止 中山7Rにおける制裁

16日、中山競馬場で行われた第7レースで、2番ケイゴールド号(▲小林 凌大騎手)が、4コーナーで外側に斜行したため、13番ニシノフルバンク号(三浦 皇成騎手)の進路が狭くなった。(その他16番ニシノコトダマ号(石川 裕紀人騎手)、15番ペイシャリルキス号(▲山田 敬士騎手)、5番アンジェリーブル号(松岡 正海騎手)にも被害が発生)。この件について、小林 凌大騎手は、3月23日(土曜)から3月31日(日曜)まで9日間の騎乗停止となった。

※JRA発表による

A.シュタルケが騎乗停止 阪神4Rにおける制裁