【アネモネS】ルガールカルムが快勝!力の違いを見せる

10日、中山競馬場で行われた11R・アネモネステークス(L・3歳オープン・牝・芝1600m)で2番人気、三浦皇成騎乗、ルガールカルム(牝3・美浦・田村康仁)が快勝した。3/4馬身差の2着にレッドアステル(牝3・美浦・国枝栄)、3着にユナカイト(牝3・美浦・木村哲也)が入った。勝ちタイムは1:34.4(良)。

1番人気で田辺裕信騎乗、アイワナビリーヴ(牝3・美浦・戸田博文)は、13着敗退。

【東風S】12番人気 ジョーストリクトリが約2年ぶり勝利

<<下に続く>>

ロードカナロア産駒 ルガールカルム

ルガールカルムが外目からスムーズに先行して流れに乗り、桜花賞への出走権を勝ち取った。先行3、4番手の位置で競馬を進めると勝負どころでも楽に進出。直線で後続をあっさりと突き放して危なげない走りで力の違いを見せた。

ルガールカルム 4戦2勝
(牝3・美浦・田村康仁)
父:ロードカナロア
母:サンデースマイル2
母父:Sunday Silence
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム