【弥生賞】1番人気ニシノデイジー伸び切れず4着まで

直線、最内から伸びてくるかと思われた1番人気のニシノデイジーは思ったより伸び切れず4着敗退となった。好位追走から勝負どころでも手応え良く進んでいるように見えたが後続の末脚に抵抗出来ずに流れ込む形に。鞍上も敗因が今ひとつ掴みきれない様子でレースを振り返っていた。

4着 ニシノデイジー
勝浦正樹騎手
「この馬場も良いかなと思っていたくらいなんで、枠も枠だったので無理して外出さなくてもと考えていました。スムーズといえばスムーズだったとは思うんですけど…ハミを替えて乗りやすくなっていましたし、まだトモがしっかりしていない部分もありますし、馬場なのか…残念です」

レース結果、詳細は下記のとおり。

3日、中山競馬場で行われた11R・弥生賞(G2・3歳オープン・芝2000m)で8番人気、池添謙一騎乗、メイショウテンゲン(牡3・栗東・池添兼雄)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にシュヴァルツリーゼ(牡3・美浦・堀宣行)、3着にブレイキングドーン(牡3・栗東・中竹和也)が入った。勝ちタイムは2:03.3(重)。

1番人気で勝浦正樹騎乗、ニシノデイジー(牡3・栗東・高木登)は4着、2番人気で田辺裕信騎乗、ラストドラフト(牡3・栗東・戸田博文)は7着敗退。

【弥生賞】ラストドラフト直線失速…7着敗退

<<下に続く>>

ディープ×フレンチデピュティは弥生賞好相性

【弥生賞】1番人気ニシノデイジー伸び切れず4着まで

母にメイショウベルーガという血統のメイショウテンゲンが道悪馬場も苦にすることなく、外から豪快に差し切り勝ちを決めた。道中は先行集団を見ながら6、7番手の位置に。早め早めを意識するような競馬で勝負どころから押し上げていくと、人気各馬が伸びあぐねる中、外から水を得た魚のように豪快に脚を伸ばした。弥生賞と相性の良い血統馬らしいレースで、皐月賞への優先出走権を獲得した。近年ではマカヒキ、カデナとディープインパクト×フレンチデピュティの血統がこのレースを好走しており、相性のいい弥生賞血統だった。

メイショウテンゲン 6戦2勝
(牡3・栗東・池添兼雄)
父:ディープインパクト
母:メイショウベルーガ
母父:フレンチデピュティ
馬主:松本好雄
生産者:三嶋牧場

【全着順】
1着 メイショウテンゲン
2着 シュヴァルツリーゼ
3着 ブレイキングドーン
4着 ニシノデイジー
5着 カントル
6着 サトノラディウス
7着 ラストドラフト
8着 ナイママ
9着 ヴァンケドミンゴ
10着 ラバストーン 

※主催者発表のものと照らし合わせください