【弥生賞】サトノラディウス 武豊でクラシックの権利取りなるか

277

弥生賞
サトノラディウス

前走(梅花賞)は京都に遠征して2勝目を挙げたサトノラディウス(牡3、国枝)。引き続き名手・武豊を背に、クラシックの権利取りを目指す。

【弥生賞】ニシノデイジー 勝浦「成績はメンバーでも1番」

<<下に続く>>

国枝師「状態はとてもいい」

国枝調教師は「状態はとてもいいですよ。実戦を重ねながら、段々と重苦しさが抜けてきました。今週の追い切りも良かったです。馬場状態は微妙ですが、極端に悪くならなければ問題ないと思いますし、2走前には速い時計にも対応しているので」と順調さをアピールした。