【アルメリア賞】ランスオブプラーナが逃げ切りV!2勝目を飾る

76

3日、阪神競馬場で行われた8R・アルメリア賞(3歳500万下・芝1800m)で2番人気、松山弘平騎乗、ランスオブプラーナ(牡3・栗東・本田優)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にトーセンカンビーナ(牡3・栗東・角居勝彦)、3着にジャストアジゴロ(牡3・栗東・安田翔伍)が入った。勝ちタイムは1:47.5(良)。

1番人気で川田将雅騎乗、ジャミールフエルテ(牡3・栗東・大久保龍志)は、4着敗退。

【弥生賞】1番人気ニシノデイジー伸び切れず4着まで

<<下に続く>>

東西できさらぎ賞組が活躍

前走きさらぎ賞で3着だったランスオブプラーナが人気に応えて嬉しい2勝目を飾った。道中はレースを引っ張って後続を寄せ付けない鮮やかな逃げ切りで勝利した。中山競馬場で行われた弥生賞では、同じく前走きさらぎ賞に出走し、5着だったメイショウテンゲンが差し切りV。東西できさらぎ賞組がレベルの高さを証明した走りを見せた。

ランスオブプラーナ 5戦2勝
(牡3・栗東・本田優)
父:ケープブランコ
母:マイプラーナ
母父:マンハッタンカフェ
馬主:五影慶則
生産者:フジワラフアーム