【阪神6R】良血馬クリソベリルが7馬身差の楽勝!

2日、阪神競馬場で行われた6R・3歳500万下(ダ1800m)で1番人気、川田将雅騎乗、クリソベリル(牡3・栗東・音無秀孝)が快勝した。7馬身差の2着にアヴァンセ(牡3・栗東・吉村圭司)、3着にソルトイブキ(牡3・栗東・木原一良)が入った。勝ちタイムは1:52.2(稍重)。

2番人気で和田竜二騎乗、ブラックウォーリア(牡3・栗東・西村真幸)は、4着敗退。

【阪神5R/新馬戦】3連単865万の大波乱!単勝14番人気メランが逃げ切る

<<下に続く>>

兄弟にクリソライト マリアライト リアファルなど活躍馬多数

兄弟にはG1馬を含む、重賞での活躍馬が多数いるクリソベリルが2連勝のゴールを決めた。スタートから中団の位置で流れに乗ると、向こう正面では早めの展開で外から押し上げを図った。勝負どころでは楽々前をパスしていき、直線入り口では先頭に。もはや最後は一人旅で、ラストは流して7馬身差と力の違いが顕著な結果となった。

クリソベリル 2戦2勝
(牡3・栗東・音無秀孝)
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム