【東京8R】ファストアプローチが逃げ切りで2勝目

17日、東京競馬場で行われた8R・4歳上1000万下(芝2000m)で2番人気、C.ルメール騎乗、ファストアプローチ(せん4・美浦・藤沢和雄)が快勝した。1/2馬身差の2着にトラストケンシン(牡4・美浦・高橋文雅)、3着にアグレアーブル(牝6・美浦・斎藤誠)が入った。勝ちタイムは2:00.9(良)。

1番人気で戸崎圭太騎乗、モクレレ(牡5・美浦・国枝栄)は、5着敗退。

【小倉5R/新馬戦】良血ダノンバリアントがデビュー勝ち

【東京8R】ファストアプローチが逃げ切りで2勝目
【東京8R】ファストアプローチが逃げ切りで2勝目

未勝利以来の勝ち星

【東京8R】ファストアプローチが逃げ切りで2勝目

ルメール騎乗のファストアプローチが巧みなペースで逃げ切り勝ちを収めた。レースでは向正面で先頭を奪ってマイペースに持ち込むと絶好の手応えで直線へ。後続とセーフティリードを取って脚色衰えることなくそのまま押し切った。

ファストアプローチ 11戦2勝
(せん4・美浦・藤沢和雄)
父:Dawn Approach
母:ジョリージョコンド
母父:Marju
馬主:山本英俊
生産者:ノーザンファーム