【フェブラリーS】武豊インティ4枠6番 菜七子コパノキッキング7枠11番

2月17日(日)東京競馬場で行われる、フェブラリーステークス(G1・4歳上オープン・ダ1600m)の枠順は下記の通り。

上位人気が予想される武豊騎手騎乗のインティは4枠8番にゲートイン。自身の日記では「左回りがいい馬」「速い時計決着も歓迎」と自信を覗かせた。百戦錬磨の武騎手なら、逃げ一手の馬では同馬を出たなりの捌きで好勝負に持ち込める。

【武豊日記】スポーツ界にいい風を届けられるように

そして注目されるG1初騎乗の藤田菜七子騎手とコパノキッキングは7枠11番と外目を引いた。この枠なら前を見ながらゆったりと後方からか。比較的前がかりな展開が多いレースだけに、腹を括って直線勝負という展開でズドンと突き抜けるなんてことも。距離不安という声もある馬だけに、菜七子騎手がどんな捌きを見せるのか注目。

大舞台に強いルメール、デムーロ、共に差し馬勢の人気どころはインティの動きを見ながらどう仕掛けていくのかなど、見どころ満載のレースとなりそうだ。
発走は日曜15時40分。

<<下に続く>>

ルメールのゴールドドリームは3枠3番

1-1
クインズサターン
牡6・57.0・四位洋文
野中賢二

2-2
ユラノト
牡5・57.0・福永祐一
松田国英

3-3
ゴールドドリーム
牡6・57.0・C.ルメール
平田修

3-4
メイショウウタゲ
牡8・57.0・北村宏司
安達昭夫

4-5
サクセスエナジー
牡5・57.0・松山弘平
北出成人

4-6
インティ
牡5・57.0・武豊
野中賢二

5-7
サンライズノヴァ
牡5・57.0・戸崎圭太
音無秀孝

5-8
モーニン
牡7・57.0・和田竜二
石坂正

6-9
ワンダーリーデル
牡6・57.0・柴田大知
沖芳夫

6-10
サンライズソア
牡5・57.0・田辺裕信
河内洋

7-11
コパノキッキング
せん4・57.0・藤田菜七子
村山明

7-12
ノボバカラ
牡7・57.0・F.ミナリク
森秀行

8-13
ノンコノユメ
せん7・57.0・内田博幸
加藤征弘

8-14
オメガパフューム
牡4・57.0・M.デムーロ
安田翔伍