【クイーンC】福永「アンラッキーだった」レース後 ジョッキーコメント

212

11日、東京競馬場で行われた、G3・クイーンカップは阪神ジュベナイルフィリーズ2着の実績馬、クロノジェネシスが順当に快勝。2着には出遅れも大外から追い込んだビーチサンバが入った。レース後関係者コメントは以下の通り。

1着 クロノジェネシス
北村友一騎手
「この馬の瞬発力に自信を持っていました。ビーチサンバは意識していました。前走が後ろからになったので、気をつけてゲートを出しました。イメージ通りの感じで反応も良かったです。前哨戦としてはいい内容で勝てました。瞬発力もありいい脚があります。良いところが伸びている感じがします」

斉藤崇史調教師
「馬が賢くてどういう状況でも対応してくれました。馬の状態を見てしがらきの方に出して、桜花賞直行の予定です。上手に競馬をしてくれました。今後に向けてはいい競馬が出来たと思います」

2着 ビーチサンバ
福永祐一騎手
「隣の馬が暴れていてつられてしまい、ちょっとアンラッキーだった。長くいい脚を使ってくれて、今日のところは最低限のノルマは達成出来たと思います。勝った馬が強かったです」

3着 ジョディー
武藤雅騎手
「うまく単騎で逃げられました。上位2頭は強いですが、それほど差はなく展開ひとつだと思います」

4着 カレンブーケドール
戸崎圭太騎手
「乗りやすく競馬も上手に走っていました。しっかりしてくれば楽しみです」

5着 レッドベルディエス
F.ブロンデル騎手
「まだ3戦目で子供っぽいです。競馬がまだわかっていないようですが、最後の最後にもうひと伸びしていて、まだ3歳でこれから伸びる余地があると思います」

7着 マジックリアリズム
F.ミナリク騎手
「1600mは問題なかったです。このクラスでは厳しかったけど、能力は期待出来ます。自己条件なら勝てると思います」

8着 ミリオンドリームズ
ルメール騎手
「柔らかい馬場の方が良いかもしれません。3、4コーナーで曲がって行くのが難しかったですね。今回は強いメンバーで、経験があまりありませんでした」

レース結果、詳細は下記の通り。

11日、東京競馬場で行われた11R・クイーンカップ(G3・3歳オープン・牝・芝1600m)で1番人気、北村友一騎乗、クロノジェネシス(牝3・栗東・斉藤崇史)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のビーチサンバ(牝3・栗東・友道康夫)、3着にジョディー(牝3・美浦・戸田博文)が入った。勝ちタイムは1:34.2(良)。

【フェブラリーS】登録馬と見どころ 武豊インティ 藤田菜七子初G1騎乗など

<<下に続く>>

阪神JF 2着以来の復帰戦でV

【クイーンC】福永「アンラッキーだった」レース後 ジョッキーコメント

阪神ジュベナイルフィリーズ2着の実績馬、クロノジェネシスが休養明けの一戦を楽に制してクラシック戦線へ順調な滑り出しを見せた。五分のスタートを見せて後方で折り合うと抜群の手応えで直線へ。馬なりで直線半ばまで上がって行くと外から来た2番人気のビーチサンバとの追い比べを危なげなく制して前哨戦を制した。

クロノジェネシス 4戦3勝
(牝3・栗東・斉藤崇史)
父:バゴ
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 クロノジェネシス
2着 ビーチサンバ
3着 ジョディー
4着 カレンブーケドール
5着 レッドベルディエス
6着 マドラスチェック
7着 マジックリアリズム
8着 ミリオンドリームズ
9着 アークヴィグラス

※主催者発表のものと照らし合わせください