【フェブラリーS】登録馬と見どころ 武豊インティ 藤田菜七子初G1騎乗など

1910
インティ (C)スポニチ

2月17日(日)東京競馬場で行われる、フェブラリーステークス(G1・4歳上オープン・ダ1600m)の登録馬は下記の通り。

見どころが目白押しの今年のフェブラリーステークス。最大の惑星はデビュー戦以外は負け無しの6連勝、武豊騎手が騎乗予定のインティ。6勝の内容が圧巻で、7、4、4、10、5、2馬身差とつけた着差は32馬身とワンサイドな走りを見せている。力関係と初の1600mさえクリアすれば今回も勝ち負けの競馬は期待出来る。

そして藤田菜七子騎手初のG1騎乗で人気を集めそうなコパノキッキング。こちらも4連勝中と上位争いは必死。G1初騎乗で初勝利というメモリアルも夢ではない。雰囲気に飲まれなければ好戦必死だ。

東京大賞典を制したオメガパフューム、ダートG1を4勝と王者のゴールドドリーム、昨年の覇者ノンコノユメ、新旧ダート王者がぶつかる一戦は大注目。

【クイーンC】ミリオンドリームズ8着!ルメール 「柔らかい馬場の方が…」

<<下に続く>>

インティ コパノキッキング ゴールドドリームなどが登録

【フェブラリーS】登録馬と見どころ 武豊インティ 藤田菜七子初G1騎乗など
コパノキッキング

アンジュデジール 55.0
インティ 57.0
ヴェンジェンス 57.0
オメガパフューム 57.0
クインズサターン 57.0
コパノキッキング 57.0
ゴールドドリーム 57.0
サクセスエナジー 57.0
サンライズソア 57.0
サンライズノヴァ 57.0
ナムラミラクル 57.0
ノボバカラ 57.0
ノンコノユメ 57.0
メイショウウタゲ 57.0
モーニン 57.0
ユラノト 57.0
レッツゴードンキ 55.0
ワンダーリーデル 57.0