山田敬士騎手、「距離錯誤」からの復帰後初勝利

山田敬士(21=美浦・小桧山)が10日の東京7Rでペイシャボム(牡5、本間)に騎乗して優勝した。昨年‪10月13日‬の新潟6R(ペイシャエリート)で〝距離錯誤〟し、3か月の騎乗停止処分を受けた同騎手。今年の1月14日から騎乗を再開していたが、待望の復帰後初勝利となった。

【共同通信杯】戸崎「良い形で行けた」ダノンキングリー無傷の三連勝!

<<下に続く>>

山田「感無量です」

ペイシャエリートと同じ北所直人オーナーの所有馬で勝利を飾った山田は「感無量です。これでモヤモヤが晴れたわけではありませんが、こういう状況の中でも乗せてもらって…。なかなか言葉が出てきませんが、オーナーには本当にありがとうございますと伝えたいです。ファンの皆さんにも温かい声をかけていただきました」と涙を浮かべながら話した。