【東京7R】山田敬士が騎乗停止明け初勝利!ペイシャボムが抜け出す

10日、東京競馬場で行われた7R・4歳上500万下(ダ1600m)で5番人気、山田敦士騎乗、ペイシャボム(牡5・美浦・本間忍)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のゴールドクロス(牡4・美浦・小西一男)、3着に1番人気のサンチェサピーク(牡5・美浦・加藤征弘)が入った。勝ちタイムは1:39.0(稍重)。

【東京6R】トオヤリトセイトが直線一気の差し切り!

<<下に続く>>

競走距離錯誤で迷惑をかけたオーナーの馬で勝利

山田敬士騎手が騎乗停止明け初勝利を飾った。スタートから積極的に先行し3番手付近で流れに乗ると、ゴール前3頭横並びの真ん中で粘りこみ嬉しい勝利を飾った。昨年10月13日、新潟6レースで競走距離錯誤で前代未聞の騎乗停止を受け、今年1月に復帰。迷惑をかけた北所直人オーナーの所有馬で汚名返上を果たした。

ペイシャボム 17戦2勝
(牡5・美浦・本間忍)
父:アグネスデジタル
母:ボムガール
母父:アグネスタキオン
馬主:北所直人
生産者:日高大洋牧場