【京都記念】ダンビュライトが重賞2勝目!

(C)スポニチ

10日、京都競馬場で行われた11R・京都記念(G2・4歳上オープン・芝2200m)で6番人気、松若風馬騎乗、ダンビュライト(牡5・栗東・音無秀孝)が快勝した。クビ差の2着に1番人気のステイフーリッシュ(牡4・栗東・矢作芳人)、3着に2番人気のマカヒキ(牡6・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイムは2:14.8(良)。

【東京7R】山田敬士が騎乗停止明け初勝利!ペイシャボムが抜け出す

<<下に続く>>

2018年AJCC以来の重賞2勝目

ダンビュライトが好位で流れに乗って、ゴール前粘りこみ嬉しい重賞2勝目を飾った。道中は先行3番手付近で折り合いをつけると、終始スムーズに追走。直線入り口で先頭に並びかけ追い比べからラスト100mで抜け出すとそのままゴールへ飛び込んだ。松若風馬騎手はダンビュライトと共に嬉しい重賞制覇となった。

ダンビュライト 18戦4勝
(牡5・栗東・音無秀孝)
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ダンビュライト
2着 ステイフーリッシュ
3着 マカヒキ
4着 パフォーマプロミス
5着 ケントオー
6着 ブラックバゴ
7着 ダッシングブレイズ
8着 タイムフライヤー
9着 ノーブルマーズ
10着 カフジプリンス
11着 ハートレー
12着 アクションスター

※主催者発表のものと照らし合わせください