【共同通信杯】フォッサマグナ デビュー戦完勝で魅力十分

共同通信杯
フォッサマグナ

昨年12月に中京でデビューし、2馬身半差の完勝をおさめたフォッサマグナ(牡3、藤沢和)。米国生まれの外国産馬(父ウォーフロント)で、血統的な魅力も十分。キャリア2戦目での重賞挑戦となるが、どんなパフォーマンスを見せるか。

【京都記念】ハートレー 手塚師「良馬場なら頑張れても」

<<下に続く>>

藤沢和師「相手は強いけど楽しみ」

藤沢和調教師は「調教では以前よりも落ち着いて走れるようになってきたね。体も大きくなってきました。距離が延びるのも大丈夫だと思うので、相手は強いけど楽しみにしています」と前向きだ。