【東京新聞杯】ルメール「少し重かった」レース後関係者コメント

(C)K.Aoyama

3日、東京競馬場で行われた、G3・東京新聞杯はステイゴールド産駒のインディチャンプが優勝。スタートの出遅れを鞍上の福永祐一騎手が上手くリカバリーし、見事に抜け出した。レース後関係者コメントは以下の通り。

1着 インディチャンプ
福永祐一騎手
「スタートのタイミングは悪かったですが、うまくリカバリーできて、脚を溜められました。もともと先頭に立つと遊ぶ面があったのですが、さすがに今回のメンバーなら…と思っていたんです。しかしすぐに先頭に立って、今回も遊んでいましたね(笑)。そういう課題がある中で勝てたことは、相当なポテンシャルだと思いますし、伸びシロだとも思います。今日の勝利でGⅠの舞台でも期待できる確信がもてました。輸送しても体重が減らなかったのも収穫ですね」

2着 レッドオルガ
北村友一騎手
「ゲートを出てくれて、道中はタワーオブロンドンを見ながら運ぶことができました。直線では意識的にすぐに追い出さず、一瞬の脚を生かすイメージで乗りました。ただ最後は勝ち馬にうまく内をすくわれてしまいました」

3着 サトノアレス
柴山雄一騎手
「タイミングよくゲートを出てくれて、道中は勝ち馬を見ながら運べました。この条件は合っていますし、力がありますね。最後まで集中もしていました」

4着ロードクエスト
三浦皇成騎手
「真ん中のポジションで流れに乗りました。直線では今後を見すえて、いつものように外に出すのではなく、闘志を切らさないように、あえて狭いところを突きましたが、しっかり割ってくれました。次につながる競馬だったと思います」

【きさらぎ賞】川田「想像以上に良い走りをしてくれた」ダノンチェイサーが重賞初V!

<<下に続く>>

ルメール「少し重かった」

5着 タワーオブロンドン
C.ルメール騎手
「プラス10キロで少し重かったですね。ラストは速い脚を使えませんでした。次はもっと良くなると思います」

8着 レイエンダ
北村宏司騎手
「初めての千六で流れに乗れませんでした。最後は来ていますが…」

9着 ロジクライ
須貝尚介調教師
「勝負どころでペースが速くなったぶん、しまいがツラくなったかな。あとは道中、外から圧力もかかっていたので」

レース結果、詳細は下記の通り。

3日、東京競馬場で行われた11R・東京新聞杯(G3・4歳上オープン・芝1600m)で1番人気、福永祐一騎乗、インディチャンプ(牡4・栗東・音無秀孝)が快勝した。1/2馬身差の2着にレッドオルガ(牝5・栗東・藤原英昭)、3着にサトノアレス(牡5・美浦・藤沢和雄)が入った。勝ちタイムは1:31.9(良)。

2番人気でC.ルメール騎乗、タワーオブロンドン(牡4・美浦・藤沢和雄)は、5着敗退。

ステイゴールド産駒 インディチャンプ

【東京新聞杯】ルメール「少し重かった」レース後関係者コメント
(C)K.Aoyama

インディチャンプはゲートをジャンプするように飛び出して完全に出負けしてしまったが、ここでは能力が1枚上だった。立ち遅れるも即座に挽回し、勝負どころでは最内の中団、絶好の位置まで押し上げていた。鞍上の福永騎手に導かれ内からスルスルと抜け出すと、そのまま押し切ってゴール。福永騎手の見事な立ち回りも手伝って、嬉しい重賞初制覇となった。

インディチャンプ 8戦5勝
(牡4・栗東・音無秀孝)
父:ステイゴールド
母:ウィルパワー
母父:キングカメハメハ
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 インディチャンプ
2着 レッドオルガ
3着 サトノアレス
4着 ロードクエスト
5着 タワーオブロンドン
6着 ストーミーシー
7着 リライアブルエース
8着 レイエンダ
9着 ロジクライ
10着 ヤングマンパワー
11着 レアリスタ
12着 テトラドラクマ
13着 ゴールドサーベラス
14着 ジャンダルム
15着 ショウナンアンセム

※主催者発表のものと照らし合わせください