【根岸S】マーフィー「1200ぐらいがベストかも」コパノキッキングが快勝!

145

27日、東京競馬場で行われた、G3・根岸ステークスは、Dr.コパこと小林祥晃さん所有のコパノキッキングが優勝。勝利したO.マーフィー騎手のコメントは以下の通り。

根岸ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 コパノキッキング
O.マーフィー騎手
「良い位置に楽につけられたので、今後どうやってこの馬が良くなっていくか、すごく楽しみだと思います。唯一懸念していたのは、1200から1400になったとこだったので、その点に関してはあまり早く先頭にならないようにという部分はすごく気をつけました。ただ、この馬にとってはもしかしたら1200ぐらいが一番ベストな距離なのかもしれないですね。今回こうやってJRAや多くの人達のサポートのおかげでここにこれたことにすごく感謝していますし、日本の競馬はやっぱり世界一だと思いますので、今後も何回も来たいと思っています。よろしくお願いします」

レース結果、詳細は下記の通り。

27日、東京競馬場で行われた11R・根岸ステークス(G3・4歳上オープン・ダ1400m)で2番人気、O.マーフィー騎乗、コパノキッキング(せん4・栗東・村山明)が快勝した。3/4馬身差の2着にユラノト(牡5・栗東・松田国英)、3着にクインズサターン(牡6・栗東・野中賢二)が入った。勝ちタイムは1:23.5(良)。

1番人気で戸崎圭太騎乗、サンライズノヴァ(牡5・栗東・音無秀孝・担当装蹄師/西内荘)は、8着敗退。

【シルクロードS】北村友「外に切り替えないと…」ダノンスマッシュが快勝!

<<下に続く>>

マーフィー騎手はJRA重賞初制覇

【根岸S】マーフィー「1200ぐらいがベストかも」コパノキッキングが快勝!

コパノキッキングが前走のカペラステークスに続いて重賞を連勝。1600万下から4連勝のゴールを決めた。レースでは前走の最後方とは一転、先行各馬を見ながら中団やや前目で流れに乗ると手応え良く勝負どころから進出。人気各馬を目掛けて直線外から伸びると、先に抜け出したユラノトをゴール前捉えて見事に差し切った。先週のインティに続き、新たな勢力としてダート界を引っ張って行きそうだ。

コパノキッキング 9戦7勝
(せん4・栗東・村山明)
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:Gold Halo
馬主:小林祥晃
生産者:Reiley McDonald

【PHOTO】根岸ステークス 返し馬

【全着順】
1着 コパノキッキング
2着 ユラノト
3着 クインズサターン
4着 モーニン
5着 ワンダーリーデル
6着 ノボバカラ
7着 ヤマニンアンプリメ
8着 サンライズノヴァ
9着 キタサンミカヅキ
10着 ケイアイノーテック
11着 クロスケ
12着 ラブバレット
13着 マテラスカイ
14着 サトノファンタシー
15着 メイショウウタゲ
16着 レッドゲルニカ

※主催者発表のものと照らし合わせください