【根岸S】武豊「乾いたダートは合わないね」マテラスカイ失速

917

好ダッシュを決めて先手をあっさりと奪ったマテラスカイは直線半ばで失速、13着大敗となった。鞍上の武豊騎手も「乾いたダートが合わない」とサバサバとした表情でレースを振り返った。

13着 マテラスカイ
武豊騎手
「自分のレースは出来た。乾いたダートは合わないね」

レース結果、詳細は下記の通り。

27日、東京競馬場で行われた11R・根岸ステークス(G3・4歳上オープン・ダ1400m)で2番人気、O.マーフィー騎乗、コパノキッキング(せん4・栗東・村山明)が快勝した。3/4馬身差の2着にユラノト(牡5・栗東・松田国英)、3着にクインズサターン(牡6・栗東・野中賢二)が入った。勝ちタイムは1:23.5(良)。

1番人気で戸崎圭太騎乗、サンライズノヴァ(牡5・栗東・音無秀孝・担当装蹄師/西内荘)は、8着敗退。

【シルクロードS】ダノンスマッシュが重賞を連勝!

<<下に続く>>

マーフィー騎手はJRA重賞初制覇

【根岸S】武豊「乾いたダートは合わないね」マテラスカイ失速

コパノキッキングが前走のカペラステークスに続いて重賞を連勝。1600万下から4連勝のゴールを決めた。レースでは前走の最後方とは一転、先行各馬を見ながら中団やや前目で流れに乗ると手応え良く勝負どころから進出。人気各馬を目掛けて直線外から伸びると、先に抜け出したユラノトをゴール前捉えて見事に差し切った。先週のインティに続き、新たな勢力としてダート界を引っ張って行きそうだ。

コパノキッキング 9戦7勝
(せん4・栗東・村山明)
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:Gold Halo
馬主:小林祥晃
生産者:Reiley McDonald

【PHOTO】根岸ステークス 返し馬

【全着順】
1着 コパノキッキング
2着 ユラノト
3着 クインズサターン
4着 モーニン
5着 ワンダーリーデル
6着 ノボバカラ
7着 ヤマニンアンプリメ
8着 サンライズノヴァ
9着 キタサンミカヅキ
10着 ケイアイノーテック
11着 クロスケ
12着 ラブバレット
13着 マテラスカイ
14着 サトノファンタシー
15着 メイショウウタゲ
16着 レッドゲルニカ

※主催者発表のものと照らし合わせください