【若菜賞】エイティーンガールが人気に応えて2勝目

27日、京都競馬場で行われた9R・若菜賞(3歳500万下・芝1200m)で1番人気、池添謙一騎乗、エイティーンガール(牝3・栗東・飯田祐史)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にタマモメイトウ(牡3・栗東・藤岡健一)、3着にメイショウオニテ(牡3・栗東・石橋守)が入った。勝ちタイムは1:09.4(良)。

2番人気で北村友一騎乗、セプタリアン(牡3・栗東・池添学)は、5着敗退。

【東京/新馬戦】マーフィー「テンションが課題」アイワナビリーヴが楽勝

<<下に続く>>

ヨハネスブルグ産駒 エイティーンガール

1番人気のエイティーンガールが人気に応えて2勝目を飾った。好スタートをから流れに乗って隊列の真ん中で追走。外目からスムーズに加速して勝負どころから進出し直線へ。速力十分で楽に抜け出すとそのまま押し切ってゴール。まだまだ余裕がありそうな走りっぷりで、上のクラスでも十分に期待できそうだ。

エイティーンガール 5戦2勝
(牝3・栗東・飯田祐史)
父:ヨハネスブルグ
母:センターグランタス
母父:アグネスタキオン
馬主:中山泰志
生産者:庄野牧場