【中京8R】菜七子 今年の初勝利!コパノピエールで逃げ切り

180

27日、中京競馬場で行われた8R・4歳上500万下(若手騎手・芝1400m)で5番人気、藤田菜七子騎乗、コパノピエール(牡5・栗東・宮徹)が快勝した。アタマ差の2着に1番人気のダノンディーヴァ(牝5・栗東・大久保龍志・担当装蹄師/西内荘)、3着に2番人気のスターリーステージ(牝4・栗東・音無秀孝)が入った。勝ちタイムは1:20.9(良)。

【セントポーリア賞】良血馬カントルが2勝目!兄にワグネリアン

<<下に続く>>

フェブラリーSはコパノキッキングに騎乗予定

藤田菜七子騎手、今年の初勝利はDr.コパこと、小林祥晃さん所有のコパノピエールだった。ゲートを勢いよく飛び出すと、ダッシュ良く先手を奪いレースを引っ張った。2馬身ほどのリードを保って直線へ向くと、ゴール前猛追したダノンディーヴァを凌いで勝利を飾った。東京の根岸ステークスでは同馬主のコパノキッキングが優勝。オーナーの小林祥晃氏がレース後に「フェブラリーSに菜七子で行かせてもらいます」と明言し、JRA史上初の女性騎手G1騎乗が実現しそうだ。

コパノピエール 22戦2勝
(牡5・栗東・宮徹)
父:ダイワメジャー
母:ヒガシリンクス
母父:トニービン
馬主:小林祥晃
生産者:ヤナガワ牧場