【白富士S】ブラックスピネルが逃げ切りV!2年振り勝利

26日、東京競馬場で行われた11R・白富士ステークス(L・4歳上オープン・芝2000m)で6番人気、三浦皇成騎乗、ブラックスピネル(牡6・栗東・音無秀孝)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にトリコロールブルー(牡5・栗東・友道康夫)、3着に1番人気のアップクォーク(牡6・美浦・中川公成)が入った。勝ちタイムは1:59.3(良)。

2番人気で横山典弘騎乗、ダイワキャグニー(牡5・美浦・菊沢隆徳)は、4着敗退。

【木津川特別】武豊オメガラヴィサン!準オープン入り

通算5勝目の勝利

ブラックスピネルが約2年振りに勝利を飾った。好スタートをきると、楽に先手をキープ。1馬身ほどのリードを保って終始し先頭でレースを進め、1000mを60.9とマイペースで直線へ。坂下から後続を突き放しにかかりセーフティーリードを取って危なげなく押し切った。後半58.4でまとめ、開幕週の馬場、この馬の実力を考えれば前半のペースは楽だった。

ブラックスピネル 23戦5勝
(牡6・栗東・音無秀孝)
父:タニノギムレット
母:モルガナイト
母父:アグネスデジタル
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム