【梅花賞】武豊サトノラディウスが2勝目!

26日、京都競馬場で行われた9R・梅花賞(3歳500万下・芝2400m)で1番人気、武豊騎乗、サトノラディウス(牡3・美浦・国枝栄)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のアドマイヤユラナス(牡3・栗東・友道康夫)、3着にアマネセール(牡3・栗東・斉藤崇史)が入った。勝ちタイムは2:29.3(良)。

【東京5R】メジロドーベル最後の産駒 ピンシェルが初勝利

<<下に続く>>

ディープインパクト産駒 サトノラディウス

圧倒的人気に応えてサトノラディウスが2勝目を飾った。レースは5頭立てと小頭数で行われ、隊列の真ん中付近で折り合いをつけるも、向こう正面でやや出入りのある展開に。前後やや入れ替わる展開に慌てることなく同じポジションをキープしていたが、早くも3コーナーから手が動き始めた。直線大外に持ち出されると追い比べとなり、ゴール前ようやくという感じで前を差し切った。ズブさを見せる走りだったが、2勝目をあげオープン入りを果たした。

サトノラディウス 3戦2勝
(牡3・美浦・国枝栄)
父:ディープインパクト
母:アーヴェイ
母父:Danehill Dancer
馬主:サトミホースカンパニー
生産者:社台ファーム