【菜の花賞】コントラチェックが逃げ切りで2勝目

20日、中山競馬場で行われた9R・菜の花賞(3歳500万下・牝・芝1600m)で1番人気、C.ルメール騎乗、コントラチェック(牝3・美浦・藤沢和雄)が快勝した。3馬身差の2着にタンタラス(牝3・栗東・池添学)、3着にポリアンサ(牝3・美浦・木村哲也)が入った。勝ちタイムは1:33.8(良)。

2番人気で田辺裕信騎乗、シトラスノキセキ(牝3・美浦・加藤征弘)は、6着敗退。

【中山6R/新馬戦】ミッキーフォンテンが馬群を割って抜け出す!

【菜の花賞】コントラチェックが逃げ切りで2勝目
【菜の花賞】コントラチェックが逃げ切りで2勝目

フェアリーS除外の鬱憤を晴らす

【菜の花賞】コントラチェックが逃げ切りで2勝目

ルメール騎乗の圧倒的人気コントラチェックが完全に力の違いを見せた。スタートからあっさりと先手を奪うと軽快に飛ばし、後続に3、4馬身ほどリードを保ってレースを進めた。直線入り口では前半1000m58.3のハイペースに後続も一杯の様子で、コントラチェック突き放してゴール。3馬身差の楽勝で完封した。ルメール騎手は「能力が高く、上のクラスでも通用する」と同馬の走りを称賛した。

コントラチェック 4戦2勝
(牝3・美浦・藤沢和雄)
父:ディープインパクト
母:リッチダンサー
母父:Halling
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム