【AJCC】フィエールマン ルメール「コンディションの心配はありません」

243

アメリカジョッキークラブカップ
フィエールマン

昨年の秋に菊花賞を制したフィエールマン(牡4、手塚)。わずか3戦のキャリア、それも3か月半ぶりの実戦でのGⅠ制覇は大きなインパクトを残した。今回は2019年の始動戦。一体どんなパフォーマンスを見せられるか。

【AJCC】ジェネラーレウーノ 得意の中山で反撃の期待

<<下に続く>>

菊花賞以来、今年初戦

最終追い切りに騎乗したルメールは「4コーナーで少しすべったけど、直線はすごい反応でしたね。強く追わなくても自分から走っていました。息も良かったし、コンディションの心配はありません。距離が短くなるのも問題ないし、頭数も少ないので」と不安なしを強調した。