【東海S】グレンツェント 休み明け2戦目で変わり身あるか

東海ステークス
グレンツェント

一昨年の本レースを最後に優勝から遠ざかっているグレンツェント(牡6、加藤征)だが、昨年の交流GⅠ・川崎記念では0秒5差の4着に食い込むなど、ダート界では上位の脚力をもっている。今回は休み明け2戦目。実績ある舞台で変わり身を見せられるか。

【すばるS】サクセスエナジーが楽々逃げ切り!

<<下に続く>>

ミナリク「フィーリングも良かった」

 
最終追い切りに騎乗したミナリクは「先週は見て、今週は乗って感触を確かめましたが、良かったですね。最後まで集中を途切れさせないように意識していましたが、乗りやすいし、フィーリングも反応も良かったです」と笑顔。JRA重賞初制覇へ好感触のようだ。