【黒竹賞】圧倒的人気デアフルーグが5馬身差の圧勝!

13日、中山競馬場で行われた9R・黒竹賞(3歳500万下・ダ1800m)で1番人気、津村明秀騎乗、デアフルーグ(牡3・美浦・鈴木伸尋)が快勝した。5馬身差の2着にロダルキラー(牡3・美浦・高橋裕)、3着にポートロイヤル(牡3・美浦・高柳瑞樹)が入った。勝ちタイムは1:54.3(良)。

2番人気でO.マーフィー騎乗、ダイシンインディー(牡3・美浦・戸田博文)は、9着敗退。

ステファノス号が競走馬登録抹消

<<下に続く>>

デビュー戦は9馬身差の圧勝

デビュー戦で圧巻の走りを見せたデアフルーグがここでも圧倒的人気に応えて2連勝のゴールを決めた。レースでは中団やや後方からじっくりと進めると3コーナー手前から早めに進出。自信を持って堂々と外からねじ伏せるように一気にまくっていった。直線では1頭手応えが違い独走となると、終わってみれば5馬身差の圧勝でデビュー戦に続いて力の違いを見せた。

デアフルーグ 2戦2勝
(牡3・美浦・鈴木伸尋)
父:ベーカバド
母:パイクーニャン
母父:フレンチデピュティ
馬主:西森鶴
生産者:隆栄牧場