土曜中山6R新馬はトーセンラー産駒のザダルが逃げ切ってV

28

12日、中山競馬場で行われた6R3歳新馬(芝1600メートル)は、トーセンラー産駒の7番人気・ザダル(牡3、大竹)が逃げ切り勝ちをおさめた。

まずまずのスタートを決めると、二の脚をきかせてハナへ。そのまま後続を離し気味に4コーナーを回ると、最後はプリモシーンの半妹・パロネラの追撃をクビ差おさえてフィニッシュした(勝ち時計1分37秒4)。

土曜中山4R新馬は12番人気の伏兵・ナガレボシトリキシが逃げ切り勝ち

<<下に続く>>

トーセンラー産駒 ザダル

手綱をとった石橋は「初めて乗りましたが、返し馬からすごく馬が出来ているなと感じました。スタートは一歩目がそれほどだったので、動かしていきました。あまり速くなりそうになかったですし、その後はペースを作っていくことに。陣営から長くいい脚を使うと聞いていたので、ラスト3ハロン手前からペースを上げていったのですが、そのまま押し切ってくれましたね。距離はもっとあっても、もちそうですよ」と笑顔で振り返った。