【フェアリS】フィリアプーラ 2戦続けて上がり最速の切れ者

フェアリーステークス
フィリアプーラ

今回と同条件の中山マイル戦を勝ち上がってきたフィリアプーラ(牝3、菊沢)。デビューから2戦続けてメンバー最速上がりをマークしている切れ者だ。重賞挑戦といっても1勝馬が中心の顔合わせならば、ヒケは取らないはずだ。

「2018年度JRA賞・特別賞」を武豊騎手が受賞

<<下に続く>>

菊沢師「現時点でどこまでやれるか」

 
菊沢調教師は「間隔は詰まりますが、変わらず馬は元気だし、体の回復も早かったのでここへ。現時点でどこま前走は本当に最後いい脚を使ってくれたし、現状はああいう形が合っているのでしょう。本当に良くなるのはまだ先でしょうが、現時点でどこまでやれるか見てみたいですね」と見通しを語った。