【ポルックスS】テーオーエナジーが圧倒的人気に応えて5勝目

6日、中山競馬場で行われた11R・ポルックスステークス(4歳上オープン・ダ1800m)で1番人気、岩田康誠騎乗、テーオーエナジー(牡4・栗東・宮徹)が快勝した。4馬身差の2着にホーリーブレイズ(牡5・栗東・高柳大輔)、3着にシャイニービーム(牡7・栗東・羽月友彦)が入った。勝ちタイムは1:53.3(良)。

2番人気で田辺裕信騎乗、アルクトス(牡4・美浦・栗田徹)は、6着敗退。

日曜中山10R・ジュニアCはヴァッシュモンが制す

<<下に続く>>

師走ステークスに次ぐオープン連勝

テーオーエナジーが圧勝でオープンダート連勝を決めた。好ダッシュから2番手の位置をキープすると、積極的なレース運びで3コーナー手前では早くも先頭に。手応えが完全に他馬とは違い、直線に入って完全に独走態勢となった。終わってみればラスト流して4馬身差と嬉しい5勝目を飾った。

テーオーエナジー 11戦5勝
(牡4・栗東・宮徹)
父:カネヒキリ
母:シルキークラフト
母父:Crafty Prospector
馬主:小笹公也
生産者:オリエント牧場