日曜中山3R新馬はアンダープロミスが1番人気にこたえる

41

6日、中山競馬場で行われた3R3歳新馬(ダ1800メートル)は、ロジユニヴァース産駒のアンダープロミス(牡3、萩原)が1番人気にこたえた。
 
スタートでやや後手を踏んだものの、すぐに巻き返して先団のインで待機。4コーナーで外に持ち出されると、直線では先に抜け出したタマノカイザーをゴール前できっちりとらえてフィニッシュした(勝ち時計1分58秒4)。

<<下に続く>>

ミナリク「ビッグベイビーですね」

騎乗したミナリクは「ビッグベイビーですね。まだ幼さを残しながらですが、そんな中でも勝てたこの経験は今後につながると思います。まだまだ成長すると思いますし、能力的にも十分だと思いますよ」と素質を評価していた。