【京都4R】ゴールドラグーン逃げ切り!武豊本日の騎乗機会3連勝

966

6日、京都競馬場で行われた4R・3歳500万下(ダ1800m)で2番人気、武豊騎乗、ゴールドラグーン(牡3・栗東・斉藤崇史)が快勝した。3/4馬身差の2着に1番人気のストロングライン(牡3・栗東・西村真幸)、3着にセロシア(牝3・栗東・渡辺薫彦)が入った。勝ちタイムは1:53.6(良)。

なお、11番のキンゲンは競走除外となっている。

<<下に続く>>

武豊騎手が好調

武豊騎手が本日の騎乗機会3連勝を決めた。ゴールドラグーンは好スタート好ダッシュを決めると先手を主張し1馬身半ほどのリードをキープ。直線まで後続との差を保ちながらスパートを開始すると、ゴールまでそのまま粘りこみ見事逃げ切り。武豊騎手は1.2レースに続きの勝利で、本日の騎乗機会3連勝を決めた。前後半49.3-51.3のハイペースも京都のダートは前が中々止まらない。

ゴールドラグーン 3戦2勝
(牡3・栗東・斉藤崇史)
父:ゴールドアリュール
母:レディマールボロ
母父:Smoke Glacken
馬主:吉田晴哉
生産者:追分ファーム