ルメール騎手がJRA最多勝記録を更新!武豊騎手を超え215勝でシーズンを終える

36

28日、中山競馬場で行われた第6レース・2歳新馬戦で、マイヨブランに騎乗したC.ルメール騎手が1着となり、2005年の武豊騎手がマークした212勝を更新し、JRA年間213勝を達成した。

<<下に続く>>

2005年 武豊騎手以来の記録更新

ルメール騎手がJRA最多勝記録を更新!武豊騎手を超え215勝でシーズンを終える

先月行われたジャパンカップをアーモンドアイで制して、年間G1勝利数を8とし、最多記録を樹立。今年の全日程を終えて、獲得賞金額も46億6023万5千円とこちらも最多記録を更新し、最多勝も更新するというとてつもない勢いを見せた1年だった。

C.ルメール騎手
「今年は信じられないほど最高でした。一生懸命勉強したうえに、調教師のおかげ、馬主のおかげ、家族のおかげ、ファンのおかげで新記録が誕生しました。とても嬉しいです。本当にありがとうございます。日本に来たときからずっと毎週毎週頑張りました。友達がみんなコースではライバルですけど、競馬の外ではよく遊びますね。みんな先週、先々週サポートしました。みんな頑張ってと言っていました。今日はちょっと武さんの話がしたいですね。今年は武さんの記録が一番強かったと思います。4000勝以上勝利して強かったです。彼はレジェンドです。僕は普通、まだ。皆さま今日来てくれてありがとうございます。毎週応援してくれてありがとうございます。日本のファンが世界一です。良いお年を。本当にありがとうございます」