【中山4R】ルメール 武豊騎手の212勝に並んで最多勝記録にリーチ!

ルメール騎手

28日、中山競馬場で行われた第4レース・2歳未勝利戦で、C.ルメール騎手騎乗のシュバルツバルトが1着となり、2005年に武豊騎手が記録した前人未到の212勝に並んで最多勝記録にリーチをかけた。

ルメール本日の騎乗馬

<<下に続く>>

残り6鞍で記録更新に挑戦

レースでは、五分のスタートから馬なりでじわっと進み中団9番手付近をキープ。向こう正面で積極的に前を追いかけて行ったが勝負どころでも先頭とはまだ5馬身ほどの差で直線へ。一歩一歩差を詰め坂を登って先頭を捉えると見事な差し切り勝ちを決めた。

この後、5、6、8、10、11、12レースに騎乗予定で更新の可能性が大きく高まった。